食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jpアナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

もしもにそなえておきたい 蜂毒アレルギー蜂毒アレルギーの症状

蜂毒アレルギーは、蜂に刺されてから短時間で症状があらわれるのが特徴です。

症状があらわれてから心停止まで約15分

蜂毒に特有なのは反応時間が早い点で、蜂に刺されてからその多くは約15分以内には症状が出てきます。症状が早くあらわれるほど重症になることが多く、場合によってはアナフィラキシーショックを起こします。さらに、アナフィラキシーの症状が出てから心停止までの時間は15分という報告があり、速やかな治療が必要です。

医療機関から離れた山間部などで蜂刺されにあった場合は、救急車の到着までに時間がかかることが多く、アナフィラキシーショックにより命を落とすリスクがさらに高まるため、対策が重要となります。

局所的な腫れから、重い全身症状まで

蜂に刺された場合に、蜂毒にアレルギーがなければ、刺された箇所に軽い痛みやかゆみ、腫れなどが起こり(局所症状)、数日程度で消えていきます。

しかし、蜂毒にアレルギーがあると、刺された人の約10~20%が、全身のじんましんなどの皮膚症状や嘔吐、浮腫、呼吸困難などが起こるアナフィラキシーを引き起こすといわれています。そのうち、数%は意識障害や急な血圧低下によるアナフィラキシーショックを起こすとされ、命に危険がおよぶ確率が高くなります。

浮腫(ふしゅ): 細胞内の水分が、何らかの原因で皮下組織に溜まること。むくみ。

また、短期間に2回蜂刺されにあうと、アナフィラキシーを起こしやすくなるという調査もあります。なお、子どもの場合は重いアナフィラキシーに至るのは1%程度と考えられています。

初めての蜂刺されでも死に至るケースが

アレルギー症状の多くは、体内に蜂毒に対する抗体ができた後、2回目以降に蜂毒が入ったとき、もともと身体の中に存在する主にヒスタミンという物質の作用によって、全身症状が引き起こされます。

しかし、蜂毒にもこのヒスタミンが少量含まれていることから、多量の蜂毒が同時に体内に入った場合、初めての蜂刺されでもアレルギー様の症状を起こすこともあります。

蜂刺されで死に至るのは、複数回刺された場合よりも、初めて刺されたケースの方が多いという報告もあります。

次ページ蜂毒アレルギーへの対策

監修獨協医科大学病院 呼吸器・アレルギー内科 講師 平田 博国 先生

お近くのお医者さんを調べる医療機関検索

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を。

くわしくはこちら

よくある質問

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる