食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jpアナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

もしもにそなえておきたい 蜂毒アレルギー検査と治療法

蜂毒にアレルギーがあるかどうかは検査で調べることができます。アレルギーがある場合やアナフィラキシーのリスクがある場合は、アドレナリン自己注射薬(アナフィラキシー補助治療剤)を携帯すると安心です。

蜂毒アレルギーを調べる検査

蜂毒アレルギーの検査には、皮膚検査と血液検査があります。

皮膚検査

スクラッチテスト

細い針で腕の内側に蜂毒を垂らし、注射針で血が出ない程度に軽くひっかきます。アレルギーを持っている場合には、15分後に赤くなったり軽く腫れたりするような反応があらわれます。

皮内テスト

薄めた蜂毒を、皮膚の中に注射します。15分後にその反応の大きさを計測して、陽性か陰性かを判定します。

血液検査

RAST法

採取した血液から蜂毒のIgE抗体というタンパク質の測定量を調べます。血液に蜂毒に対するIgE抗体がたくさん含まれているとアレルギー症状が出やすくなります。蜂に刺された直後の検査では正しい結果が得られないため、1か月以上時間をおいてから、検査を実施します。

蜂毒アレルギーの治療法

蜂毒アレルギーの治療法には、根本的な治療法としての「減感作療法(アレルゲン特異的免疫療法)」と、対処療法としての「アナフィラキシー補助治療剤」の自己注射があります。

根本的治療(減感作療法/アレルゲン特異的免疫療法)

蜂毒アレルギーの原因となっているアレルゲン(蜂毒成分)を徐々に身体の中に入れて慣らしていき、過剰なアレルギー反応を抑えていく方法です。注射により、定期的に少しずつ抗原の濃度、量を増やしながら治療をおこないます。この治療は、一部の専門の医療機関において、自由診療で実施されています。

対処療法(自己注射薬/アナフィラキシー補助治療剤)

蜂毒アレルギーの患者さんが蜂に刺された場合におこなわれる、唯一の応急処置法です。過去にアナフィラキシーを起こしたことがある場合、または、蜂刺されのリスクが高い場合は、アナフィラキシーショックの症状を緩和する補助治療剤として自己注射薬を携帯するようにします。

自己注射薬の処方には専門の医師の診断が必要です。2011年9月に保険適用となり、それまで自費扱いだったものが、健康保険による一部負担で処方を受けることができるようになりました。

緊急時に使用するものなので、日頃から正しい使用法をしっかり理解しておく心構えが必要です。万が一のときに、適切な対処法がとれるように相談しておきましょう。

監修獨協医科大学病院 呼吸器・アレルギー内科 講師 平田 博国 先生

お近くのお医者さんを調べる医療機関検索

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を。

くわしくはこちら

よくある質問

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる