食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

日頃からしっかり対策 食物アレルギーどんなタイプがあるの?

食物アレルギーは、代表的な4つのタイプに分類されます

新生児・乳児消化管アレルギー

主に新生児のときに牛乳が原因でまれに発症するタイプです。嘔吐、血便、下痢などの消化器症状が主に起こりますが、2歳頃までにほとんどが治るとされています。

食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎

乳児期の食物アレルギーの症状として、もっとも多いのがこのタイプです。生後間もなく顔からはじまる湿疹が、治療によってもなかなか改善しない傾向があります。しかし、乳児期のなかなか治らない湿疹がすべて食物アレルギーに関係するわけではないので、その診断は医師の慎重な判断のもとにおこなわれなければなりません。鶏卵・牛乳・小麦・大豆などが主な原因食物で発症しますが、多くは成長とともに自然と治っていきます。

即時型

原因食物を食べた後、速やかに症状があらわれます。もっともあらわれやすいのは皮膚症状ですが、他に呼吸器や消化器などにも非常に多彩な症状(アナフィラキシー)があらわれ、中にはショック状態に陥る場合もまれではありません。

原因食物は年齢によって異なり、乳児では鶏卵、牛乳、小麦が多く、学童期以降では甲殻類や果物類、小麦などが多くなります。

特殊型

特殊型には次の2つがあります。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

特定の食べ物を食べた後に運動をするとアナフィラキシーが起こる病態です。

原因となる食物は小麦や、えび・かにが多いのですが、それらを食べても運動しなければ症状は起こらず、また、運動してもそれらを食べていなければ症状は出ません。小学生以上から高校生に多くみられます。

口腔アレルギー症候群(OAS :Oral Allergy Syndrome)

果物や野菜を食べた直後に、口の中がイガイガしたり、口の中が腫れたりする症状が特徴的です。花粉症のある大人に多く、特定の花粉と関連する果物や野菜に反応(交差反応)することで起こります。どのような果物や野菜でアレルギーが起こるかは、どの花粉にアレルギーがあるかによって異なります。

次ページ原因も症状もさまざま

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー

専門医が動画で解説 食物アレルギー/アナフィラキシーを正しく理解しよう! 専門医が動画で解説 食物アレルギー/アナフィラキシーを正しく理解しよう!

アナフィラキシーから子どもを守ろう教職員・保育士の皆さま

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

よくある質問