食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jpアナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

子どもの食物アレルギー なるほど!食べ物アレルゲン果物

ビタミンや糖分が豊富な果物。日頃のお子さんの食事やおやつでも、ジュースやケーキ、ゼリーなどで食べる機会が多い果物ですが、アナフィラキシーなどのアレルギー症状を引き起こすことがあります。果物アレルギーについて知っておきたいポイントをまとめました。

果物アレルギーの多くは、花粉症と関係があります。

ある果物を食べた直後に、唇や舌、口の中が腫れたり、かゆみやイガイガする感じがあらわれたりする症状を「口腔アレルギー症候群(OAS)」といいます。通常は口周囲の症状だけで、全身症状をともないません。こうした患者さんの多くは花粉症をともないます。これは、花粉と似通ったタンパク質を含む果物を食べたときにアレルギー症状が引き起こされるため、花粉・果物症候群とも呼ばれます。「口腔アレルギー症候群(OAS)」を引き起こすタンパク質は熱や消化で分解されやすく、加熱すれば食べられるようになります。

どの果物で症状があらわれるかは、どの花粉にアレルギーがあるかによってことなります。例えば、ブタクサ花粉とメロンやスイカやバナナ、シラカバ花粉とリンゴ、サクランボ、モモ、キウイ、マンゴーなどの組み合わせがあります。

しかし、果物アレルギーの全てが口腔アレルギー症候群(OAS)で発症するわけではありません。アナフィラキシー症状をともなう場合もあるので注意が必要です。

ラテックスアレルギーの場合、果物がアナフィラキシーの引き金となることがあります。

植物のゴムノキから抽出されるラテックス(天然ゴム)も、アレルギーの原因物質になります。特に外科医や歯科医、看護師など、日常的にゴム製品を多用する職種に多い傾向があります。このラテックスアレルギーがあると、特定の果物によってアレルギー症状が起こることがあり、「ラテックス・フルーツ症候群」と呼ばれます。

「ラテックス・フルーツ症候群」に関係する果物には、アボカド、バナナ、キウイ、パパイヤ、イチジク、メロン、マンゴーなどがあり、その機序は花粉・果物症候群と同様に、ラテックスに含まれるタンパク質と、これら果物に含まれるタンパク質の構造が似通っているために起こります。

「ラテックス・フルーツ症候群」の主な原因となるタンパク質は、加熱や消化でも分解されにくく、食べないようにすることが基本となります。果物に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などは、食べられるその他の果物や野菜、その他の食物で補うことができます。栄養素のバランスが偏らないように、食事やおやつの中での組み合わせを工夫しましょう。

機序:しくみ、メカニズム

監修昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

お子さまが園や学校で安心して過ごすために

食物アレルギーについて、園や学校に相談するときのポイントは?

くわしくはこちら

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

アナフィラキシーから子どもを守ろう教職員・保育士の皆さま

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

よくある質問