食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

専門医が動画で解説 食物アレルギーとその原因

食物アレルギーとは、特定の原因食物によって、免疫の働きを介して、からだに悪いことが引き起こされる現象と考えられております。
そもそも免疫というのは、ばい菌やウイルスなど、からだの中に入ってきてほしくないものが入ってきたときに、それを排除しようとする働きでありますが、アレルギーの場合は、本来、からだの中に入ってきてほしいものである食物を過剰に排除しようとする働きを指します。

食物アレルギーは、いくつかの分類がおこなわれています。 発症年齢の違いによって、表のようなタイプがありますが、そのほとんどは、真ん中に示されております、即時型といわれるタイプであります。この即時型は発症年齢が0歳~1歳に極めて多く、その後年齢にともなって急激に減少するようなパターンをとります。
ただ、学童期以降、また成人期の発症も少ないんですけれども、いらっしゃるような状況があります。

この食物アレルギーの原因食物は、鶏卵、牛乳、小麦、この3つで全体の3分の2を占めるような状況にあります。
以下、ピーナッツ、果物類、イクラ、エビ、そば、大豆、カニ、クルミ、といった順で頻度が多いと報告されています。
このクルミまでの11品目で全体の90%以上占めるという特徴が我が国の食物アレルギーにはあります。

ただ、この食物アレルギーの原因頻度は年齢によって大きく異なります。
ご覧のように、0歳の時は鶏卵、牛乳、小麦、これで全体の90%以上を占めますが、年齢を経るにしたがって、大きく変化を遂げてまいります。
ご覧のように、学童期以降は、甲殻類や果物類、そば、などの頻度が増えてきますので、年齢によって発症する頻度が違ってくるんだということも知っておくといいでしょう。

食物アレルギーは特殊系として食物依存性運動誘発アナフィラキシーと、口腔アレルギー症候群という病態があります。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは原因食物を食べただけでは症状は出ず、数時間以内に運動をおこなった時に誘発される食物アレルギーです。
その原因食物としては、小麦、甲殻類、木の実類、果物類などが多いといわれております。
この病態は運動のみ、もしくは食べただけでは誘発されないという特徴があります。

口腔アレルギー症候群、OASと訳されることがありますが、これは、原因食物、果物や野菜などが多いのですが、これを食べて、速やかに口から喉にかけての症状があらわれます。
この症状は、例えばイガイガ感、違和感、はれぼったい感覚などを認めます。
一般的に、このOASは全身症状、アナフィラキシー症状には進んでいかないというふうに考えられております。
花粉症やラテックス、天然ゴムアレルギーと関係があるといわれておりまして、学童期以降のこれらの患者さん方に合併することが多いことがわかっております。

次の解説へ 食物アレルギーの診断

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

よくある質問

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

子どもと 肺炎球菌.jp 細菌性髄膜炎から、子どもたちを守るために。

子どもの低成長を考える 成長相談室 成長セルフチェックや病院検索も。

Kids Clinic キッズ・クリニック お母さんの心配や疑問に対して、役立つ情報を。