食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

専門医が動画で解説食物アレルギー症状とアナフィラキシー

食物アレルギーは極めて多彩な症状を呈しえます。
皮膚症状であれば、じんましん、かゆみ、赤み。
粘膜症状では、くちびるやまぶたの腫れ。
呼吸器症状としては、息苦しさ、咳、喘鳴(ぜんめい)。
消化器症状としては、腹痛、嘔吐、嘔気、下痢。
また、全身症状として、血圧低下、意識消失、意識低下などを示します。
ただ、これらの頻度は決定的に違いがあります。

学校給食での事故の調査の結果でありますが、皮膚症状が7割の患者さんに認められます。
また、粘膜症状も40%程度と、この皮膚・粘膜症状が多くの患者さんに認められることになります。
ただ、この症状の中で一番問題視しなければいけないのは、一番頻度の少ないショック症状です。
ショックという言葉はみなさん日常的に使うでしょうけれども、医学的にショックという意味をご存知で使っている方は決して多くないと思います。
簡単に言いますと、ショックというのは「命からがら」というような症状でありますので、そういった症状に、実に7.2%の患者さんが陥ってしまうということは、食物アレルギーは重篤な症状を呈しやすい病気であると言って間違いがありません。

このアナフィラキシーという言葉は、最近良く耳にするようになったと思いますが、正しく理解している方も、これまた決して多くありません。
食物ばかりではなく、薬物、蜂毒などが原因で起きます。
これらが原因で、即時型のアレルギー反応を示すものをこのアナフィラキシーといいますが、その病態の特徴といたしましては、皮膚、呼吸器、消化器など、いろいろな症状が全身性に一辺にあらわれ、これらがまた急速に悪化するという特徴があります。
時に間違えられていることとして、アナフィラキシーショックという言葉、血圧低下などの強い症状を引き起こすアナフィラキシー症状のことを指しますので、アナフィラキシーの患者さんがすべてアナフィラキシーショックに陥るというものではありません。

食物アレルギー症状は患者さん個々に出方や傾向が異なります。
症状の強さ、出やすい症状、これはまた原因食物によっても異なる傾向があります。

前の解説へ 食物アレルギーの方の食生活

次の解説へ 食物アレルギー症状への対応

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

よくある質問

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

子どもと 肺炎球菌.jp 細菌性髄膜炎から、子どもたちを守るために。

子どもの低成長を考える 成長相談室 成長セルフチェックや病院検索も。

Kids Clinic キッズ・クリニック お母さんの心配や疑問に対して、役立つ情報を。