食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

日頃からしっかり対策 食物アレルギー食物アレルギーってなあに?

食物アレルギーはなぜ起こる?

私たちの体には、体内に侵入してきた異物に対して抗体“IgE”をつくり、これらを攻撃して体を守ろうとする働きがあります(免疫反応)。この働きが、ある特定の物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。食物アレルギーの場合、食べ物に含まれる主にタンパク質が異物(アレルゲン)と認識されて症状が引き起こされます。

食物アレルギーと間違えやすい病気

牛乳を飲んでおなかがゴロゴロしたり下痢をしたりするのは、牛乳に含まれる乳糖が分解できないために起きる“乳糖不耐症”というもので、食物アレルギーとは分けて考える必要があります。また、細菌やウイルスなどの病原微生物感染による急性胃腸炎や、毒キノコやフグなどの毒性成分による中毒症状も食物アレルギーには含まれません。

食べ物を食べて何らかの症状が出たからといって食物アレルギーだと自己判断することは、判断を誤る可能性があり、危険です。

子どもに多い食物アレルギー

食物アレルギーは子どもに多くみられるのが特徴で、6歳以下の乳幼児が患者数の80%近くを占め、1歳に満たないお子さんでは10~20人にひとりが発症しています。

子どもに食物アレルギーが多いのは、成長段階で消化機能が未熟で、アレルゲンであるタンパク質を小さく分解(消化)することができないのがひとつの要因と考えられています。そのため、成長にともなって消化吸収機能が発達してくると、原因食物に対して耐性(食べられるようになること)がつく可能性が高いのです。

しかし、中には大人になっても症状が続くものもあり、幼児期後半以降(成人も含む)に発症した食物アレルギーは治りにくいとされています。

食物アレルギーは増えています

東京都の3歳児検診の調査によると、食物アレルギーの子どもの患者数は毎年増えてきています。

食物アレルギーの罹患率(東京都3歳児健康診査)

平成11年:症状あり9.4%、診断あり7.1%。平成16年:症状あり15.6%、診断あり8.5%。平成21年:症状あり21.6%、診断あり14.4%。

【調査概要】

東京都福祉保健局:「アレルギー疾患に関する3歳児全都調査(平成21年度)報告書」平成22年3月
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2010/04/DATA/60k4m103.pdf 2013/02/13参照 より作図
注意:上記Webページを印刷して外部提供することは厳禁

次ページどんなタイプがあるの?

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー

専門医が動画で解説 食物アレルギー/アナフィラキシーを正しく理解しよう! 専門医が動画で解説 食物アレルギー/アナフィラキシーを正しく理解しよう!

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

よくある質問