食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jpアナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

よくわかるアレルギーとアナフィラキシーアナフィラキシーの症状

複数の症状がみられたら「アナフィラキシー」かもしれません

アナフィラキシーの症状はさまざまです。もっとも多いのは、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」。次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの「呼吸器の症状」と、目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの「粘膜の症状」が多いです。そして腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、さらには、血圧低下など「循環器の症状」もみられます。これらの症状が複数の臓器にわたり全身性に急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴です。

特に、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」も1割程みられ、これはとても危険な状態です。

アナフィラキシーの可能性が高い場合

次の3つのうち、いずれかに当てはまる場合は、アナフィラキシーの可能性が高いとされます。

突然(数分~数時間)、皮膚や粘膜の症状があらわれ、さらに、呼吸器系の症状あるいは血圧の低下などのうち少なくとも1つの症状がある場合

皮膚の症状 じんましん かゆみ 皮膚が赤くなる 粘膜の症状 くちびる、舌、口の中が腫れる まぶたが腫れる
プラス
呼吸器系の症状 息切れ せき 呼吸音がゼーゼー、ヒューヒューする あるいは 血圧の低下 倒れる 失禁する 

抗原と疑われるものに触れる、あるいは食べたり飲んだりした数分~数時間後、次の症状のうち2つ以上が突然あらわれた場合

皮膚の症状(全身)じんましん かゆみ 皮膚が赤くなる 粘膜の症状 くちびる、舌、口の中が腫れる まぶたが腫れる
呼吸器系の症状 息切れ せき 呼吸音がゼーゼー、ヒューヒューする
血圧の低下 倒れる 失禁する
消化器系の症状 強い腹痛 嘔吐

すでに抗原とわかっているものに触れる、あるいは食べたり飲んだりした数分~数時間後、血圧の低下がみられた場合


Simons, F.E.R. et al.:J Allergy Clin Immunol 127(3):587, 2011より作図

次ページアナフィラキシーの原因

監修昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

お近くのお医者さんを調べる医療機関検索

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を。

くわしくはこちら

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナーPICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー

アナフィラキシーから子どもを守ろう教職員・保育士の皆さま

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

よくある質問