食物、蜂刺されによる急性アレルギーにそなえる

アナフィラキシーってなあに.jpアナフィラキシーってなあに?

文字サイズ

よくわかるアレルギーとアナフィラキシーアナフィラキシーってなあに?

意外と知られていないアナフィラキシーのこと。特徴とリスク、症状や原因をくわしく解説します。

アナフィラキシーは命にかかわることも

アナフィラキシーは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。

きっかけは?

主にアレルゲンを食べる(飲む)、吸い込む

どこにあらわれるの?

全身性に複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)にあらわれる

このアナフィラキシーによって、血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命を脅かす危険な状態になることもあります。この生命に危険な状態をアナフィラキシーショックといいます。

アナフィラキシーショック

血圧が低下
意識がない

厚生労働省の人口動態統計の集計によると、日本におけるアナフィラキシーによる年間死亡者数は2011年に71名にのぼりました。

日本におけるアナフィラキシーによる死亡者数

西暦(年)200620072008200920102011
年間死亡者数(人)666648515171
蜂毒関係201915132016
食物554445
薬物342919262132
血清110100
詳細不明612107618

厚生労働省:平成18~23年 人口動態統計「死亡数、性・死因(死因基本分類)別」より作図

症状が出るまでの時間は、アレルゲンによってことなります

アナフィラキシーの特徴のひとつは、短時間で症状があらわれること。症状が出るまでの時間は、アレルゲンや患者さんによって差があります。

薬物や蜂毒は直接体内に入るため、早く症状が出る傾向があります。これに対し、食べ物は胃や腸で消化され吸収されるまでに時間がかかるため、症状が出るまで薬物や蜂毒よりは時間がかかることが多いです。アナフィラキシーが原因で心停止に至った例の、心停止までの平均時間は、薬物で5分、蜂毒が15分、食物では30分といわれます(アナフィラキシーがすべて心停止に至るわけではありません)。

また、アナフィラキシーは、一度おさまった症状が再びあらわれることもあります。「おさまったから大丈夫」と安心はせず、すぐに病院で診断を受けることが大切です。

二相性反応といいます。

アレルゲンによる心停止発現までの時間(中央値)[海外データ]

薬物(n=55)は5分、蜂毒(n=32)は15分、食物(n=37)は30分

【試験概要】
  • 対象:英国立統計局(The Office for National Statistics:ONS)に1992~1998年までに登録された死亡を含むアナフィラキシー患者124例
  • 方法:死亡を含む致死的アナフィラキシー発現症例の、既往歴、ショック反応、検死などの調査結果から、アナフィラキシー発現から心停止までの時間、アドレナリン使用のタイミング、予後などを調査した。

Pumphrey, R. S. H.: Clin Exp Allergy 30(8):1144, 2000より作図

次ページアナフィラキシーの症状

監修昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

お近くのお医者さんを調べる医療機関検索

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を。

くわしくはこちら

食物アレルギー患者さん体験記

食物アレルギーの患者さんやご家族の方の体験談をお聞きしました。

くわしくはこちら

PICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナーPICK UP 子どもの食物アレルギー ママ&パパ応援コーナー

アナフィラキシーから子どもを守ろう教職員・保育士の皆さま

アナフィラキシー対策は専門のお医者さんに相談を お近くのお医者さんを調べる

よくある質問