特集・メッセージ
専門医に学ぶ食物アレルギー

食物アレルギー・アナフィラキシーの疑問に答えるコンテンツです。
クリスマスやお正月などの行事、お子さんの進級などの環境変化の際に浮かぶ疑問とそれに対する解説をQ&A形式で紹介しています。
以下のキーワードボタンから、興味のあるテーマのQ&Aを検索することもできます。

昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

40代 5歳のお子さん

40代
5歳のお子さん

子どもがリンゴを食べて、唇が腫れたことがあります。
今後、リンゴアレルギーの症状が強く出ないか心配です。
リンゴジュースやリンゴ酢、アップルパイなどは口にしても大丈夫なのでしょうか?

#果物

#皮膚炎

リンゴなどの果物を食べた直後に唇や舌、口の中が腫れたり、かゆみやイガイガする感じがあらわれ、もともと花粉症がある場合「花粉・食物アレルギー症候群」の可能性があります。この場合、全身の強い症状はほとんどおこしません。

花粉・食物アレルギー症候群は、果物のアレルゲンが熱や消化で容易に壊れるため、加熱殺菌したジュースや発酵させたリンゴ酢、加熱調理したアップルパイなどは食べられることが多いです。

果物アレルギーの多くは、花粉・食物アレルギー症候群ですが、なかには鶏卵や牛乳アレルギーなどと同じように皮膚症状や呼吸器症状を呈し、一部アナフィラキシーに陥る場合があるので、注意が必要です。
具体的な「食べられる範囲」についてご自身で判断できない場合は、主治医の指示に従いましょう。

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る

30代 1歳のお子さん

30代
1歳のお子さん

娘が小麦アレルギーなのですが、離乳食でオートミールを食べさせてもよいのでしょうか?
また、食べものだけでなく、麦茶など麦類が使われている飲みものも与えてはいけないのでしょうか?

#小麦

#乳児

小麦アレルギーであってもほかの麦類(大麦・ライ麦・オーツ麦など)を食べられる人と食べられない人がいます。
医師に相談しながら、食べられる範囲を確認していきましょう。

オートミールはオーツ麦のもみ殻を取り除き、食べやすく加工した食品です。小麦アレルギーでもオーツ麦は食べられることが多いですが、製造過程で小麦が混入する可能性があるので注意が必要です。
また、麦茶は大麦を焙煎・抽出したものです。大麦も、小麦アレルギーでも食べられることが多く、まして麦茶はアレルゲン量がごくわずかなため、飲める人がとても多いです。

具体的な「食べられる範囲」は、主治医の指示に従いましょう。

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る

40代 5歳のお子さん

40代
5歳のお子さん

息子がエビアレルギーです。お正月に実家に帰省すると、毎年、お節料理に伊勢海老が出ます。
息子は食べられないと義母に伝えたのですが、「アレルギーは食べれば治る」と言われました。どうしたらよいでしょうか?

#甲殻類

#行事

祖父母が孫に誤食させてしまうことは、実はよくあることです。これは食物アレルギーに対する無理解が十分でないことが原因です。お子さんの命を守るためにも、一度しっかりと食物アレルギーのことを説明して理解してもらいましょう。

昨今、原因食物を積極的に食べることで、早期の治癒を目指す取り組みが広がっています。このため、安易に「アレルギーは食べれば治る」と考えられたり、言われたりします。
しかし、食べるにしても、安全に食べられる量を、日常的に慎重に食べ進めることが必要です。このため個人の判断で食べ進めることにはリスクがあることを承知しておく必要があります。

お義母さんには、最新の正しい食物アレルギーの考え方を旦那さんと一緒に、話し合う時間を持つと良いですね。

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る

30代 7歳のお子さん

30代
7歳のお子さん

もうすぐバレンタインデーなので子どもと一緒に、お友だちのためにアーモンドパウダーを使ったチョコレートケーキを作りたいと思っています。
食物アレルギーがあるお友だちも多いのでふと心配になったのですが、渡してもよいものでしょうか?

#木の実類

#行事

お子さんがお友だちにあげたものでアレルギー症状が出てしまったらと思うと心配になりますよね。チョコレートケーキをあげる前に、必ず相手の保護者にアレルギーに関して確認をしましょう。

最近の食物アレルギーの全国調査では1)では、原因食物の3位は小麦を抜いて「木の実(ナッツ)類」となっています。特に幼児期の原因食物で一番多い食品であり、クルミ、カシューナッツ(ピスタチオ)が大半を占めます。

ナッツアレルギーは、ナッツとしてひとくくりに除去はせず、個別に除去の必要性を診断します。また、落花生(ピーナッツ)はマメ科の食品であり、そもそも木の実類には分類されないので、木の実類とひとくくりに除去する必要はありません。

1) 杉崎千鶴子 他.アレルギー.2023;72 (8): 1032-1037.

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る

30代 3歳のお子さん

30代
3歳のお子さん

子どもが2歳のときに卵アレルギーの診断を受けました。
ネットでは卵白のアレルゲンが主な原因と書いてあったので、卵黄や鶏肉、魚卵は食べさせても問題ないのでしょうか?

#卵

鶏卵アレルギーの主なアレルゲンは卵白です。このため、鶏卵アレルギーでも、卵黄は食べられる場合がほとんどです。また、鶏肉や魚卵はそもそも鶏卵とはアレルゲンが異なるため、除去する必要はありません。

卵白アレルゲンには、主にオボムコイドとオボアルブミンの2つがあります。IgE検査で卵白が陽性でも、オボムコイドが低値や陰性であると、その患者さんは卵白アレルギーはあるが、オボアルブミンの方に反応していることが推測できます。オボアルブミンは過熱するとタンパク質が壊れやすい特徴があるためオボアルブミンにだけ反応すると推察される患者さんは、加熱鶏卵が食べられる可能性があります。
主治医の先生とともに、食物経口負荷試験をおこなって確認すると良いでしょう。

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る

30代 6歳のお子さん

30代
6歳のお子さん

今年小学生になる息子がいます。
牛乳アレルギーのため保育園では飲んでいませんでしたが、
小学校でも飲ませないという選択はできるのでしょうか。
また、同じ学年のお友だちと比べると背が低く、このまま飲まないままで成長に問題がないか心配です。

#牛乳

#小学校

ランドセルを背負ったお子さんの姿は、感慨深いですね。一方で、子どもが親離れしていく中で、心配なことも増えてきますよね。
学校におけるアレルギー対応は、文部科学省がガイドラインを出しており、多くの自治体や学校で積極的に取り組まれています。牛乳などの主要な食品の給食などアレルギー対応は、行われていることが多いですね。
ただし学校にアレルギー対応を求める場合は、生活管理指導表の提出が必要です。主治医に早めに相談しましょう。

一方、牛乳・乳製品を除去していると、カルシウム不足に陥ることは明らかです。このため、積極的に他の食材(大豆製品など)でカルシウムを補うことが必要です。しかしカルシウムは健康な骨の発育には必要ですが、身長の伸びはカルシウムの摂取量で決まるものではありません。著しく身長が低い場合は、むしろ遺伝または内分泌的な問題がないかを調べる必要があります。まずはかかりつけ小児科医に相談してみてください。

監修 昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生

監修
昭和大学 医学部
小児科学講座 教授
今井 孝成 先生

▼ 回答を見る